2/6ページ

2/6ページ
  • 2020.05.27

効果を充分実感できる優秀な美容液/エイジングケアには欠かせない!

美容液は、成分密度の高さと即効性がある分、合わないものを使ってしまうと逆に肌の負担に…。毎日のスペシャルケアだからこそ、肌への優しさも加味した上でしっかりと効果を出してくれるアイテムを見極めることが大切です。 こちらでは、実際に使ってみた結果、敏感肌・乾燥肌をケアしながら、さらに若々しさを見た目で実感できる美容液をランキングでまとめました。コスパも効果もお墨付きの優秀アイテムたちをぜひお試しくださ […]

  • 2020.05.27

ずっと使い続けたい美容液 選び方のポイント

化粧品は薬ではないので即効性や効果の確実性を求めることはできません。化粧品にできることは、肌が本来持っている、代謝力や保湿力がじゅうぶんに発揮されるようにサポートすること。それは美容液でも同じことです。この化粧品の役割を前提に美容液選びのポイントを紹介します。 ・・・[続きはこちら]  

  • 2020.05.14

エイジングケアはいつから始めるべき?そもそもエイジングケアって何をしたら良いの?

顔のくすみや小ジワなど、これまでになかった肌の変化が出てきて、 「そろそろエイジングケアしたほうが良い?」 「でも具体的に何をすれば良いの?」 などエイジングケアについて、気になっていませんか? そこでここでは、 エイジングケアを始める適齢は? 今日からできるエイジングケア をカスタムライフ編集部が徹底調査し、詳しく解説します。 ・・・[続きはこちら]  

  • 2020.05.14

お肌のシミはどれくらい取れるの?シミ取り美容医療の基本

アラフォー女性の肌を見ていると、かなりの割合で”いわゆるシミ”と肝斑や老人性イボなど、多種のシミが混在しています。シミのレーザー治療はそんなアラフォーのシミを薄くできるだけでなく、肌の質を高めるうれしい施術。 ただし美容医療ビギナーに重視してほしいのは、ていねいなカウンセリングと医師の専門性です。 ・・・[続きはこちら]  

  • 2020.05.11

夏の肌ダメージの原因とスキンケアの基本

紫外線に次いで、夏の肌トラブルの原因となるのが汗です。汗をかいて乾いた後には、汗の中の塩分やアンモニアが肌に残ります。塩分やアンモニアは肌を刺激し、炎症を起こして「あせも」や「とびひ」の原因になってしまうこともあるのです。 また、汗をかいて肌がふやけ、はがれやすくなった角質をゴシゴシと拭いてしまい、角質がはがれてかゆみや乾燥の原因になってしまうこともあります。汗のケアにも注意が必要なのです。 ・・ […]

  • 2020.05.11

夏に使いたいプチプラの美白化粧水で夏の紫外線に負けない肌をつくる

化粧水は惜しみなく使いたいけど、高価なデパコス化粧水ではもったいなく感じてしまうという方にはプチプラ化粧水がおすすめ。 安い化粧水は効果が期待できないのではないかと感じている方も少なくありません。 しかし、プチプラ化粧水でもしっかり効果を感じられるという人気商品は沢山あります。 ・・・[続きはこちら]  

  • 2020.05.11

ダメージを受けやすい夏の肌 敏感肌のスキンケア方法

健康な肌は、汗や老廃物、ほこりなど外からの刺激をはね返す力が備わっているが、敏感肌は肌の表面に近い角質層に隙間ができているため、隙間から入り込んだ刺激に反応して赤みやかゆみが出る。隙間があるため水分が蒸発しやすく、常に乾燥しているような状態に。特に夏場は汗が入り込みやすいため、ぬれたガーゼやタオルでこまめに拭き取り、かゆみが出ないように冷やすことも必要だ。 ・・・[続きはこちら]  

  • 2020.04.16

ムダ毛処理後のボディにおすすめ!ミュゼプラチナムのボディミスト

美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】による“おうちで本格ムダ毛ケア”がコンセプトのスキンケアブランド、エピケアシリーズ。内側からうるおいのある肌に導いてくれるボディミストは独自成分のエピコントロールEXや、植物由来の美容成分を配合。高い保湿効果を発揮し、ムダ毛処理後のアフターケアをはじめ、紫外線やエアコンによる乾燥対策に重宝します。 ・・・[続きはこちら]

  • 2020.04.16

こどものムダ毛ケアにも使えるお肌に優しい抑毛ローション

子供の顔にも安心して使える抑毛ローションのコントロールジェルME。 私も使用していて、現在5ヶ月目。 以前は時々電気シェーバーで顔の産毛を剃っていましたが、最近は剃っていません。 いつから産毛を剃っていないのか分からない程、かなり前から剃っていない・・・、しっかり効果を発揮してくれていたんだね! ・・・[続きはこちら]  

1 2 6